上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
つかの間の青空せいぜい70cm位と見ていた屋根の雪。実際に上ってみたら90cmもありました。

それに上層5cmほどはフワフワで軽いけれどその下はかなり重い.....。甘く見すぎていたんですね。3時間半ほど休みなくやっても雪下ろしは終わらず、明日残りをやらねばなりません。

「部屋の引き戸の滑りが悪い。雪の重さのせいだろう」とこぼす母もいますから。
下の写真からも分かるとおり、僕の雪下ろし道具はショベルだけ。「主流」のスノーダンプを使いません。

理由は、ショベルだと建物から離れた所まで投げられるため「後片付け」が簡単なことが第一。そして、ショベルを使って投げるのがいい運動になると考えているから。

なお、「建物から離れた所に投げる」原則を意図的に外す所 (玄関脇) もあります。大きなかまくらを作ってみたいから......。子供みたいなんですけれど。

玄関の屋根から つらら
屋根の積雪量 残った雪
玄関先の雪の山


2008.02.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tochionews.blog79.fc2.com/tb.php/269-a2351c84

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。