上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
サイケ携帯電話残った雪を下ろすために屋根に上っていた今日の午後。何かが燃えているような匂いがかすかに.....。気になって茶の間にいるはずの母に電話をしました。(こんな時は携帯電話は便利です。)

「異常ない?」
「こっちは何も匂わない」と母。
安心して電話を切ったとたん、その電話の呼び出し音が鳴った。
発信者は母。「火元はンナ (おまえ) だねか」
「?」
「台所のコンロをつけっ放しだったろが.....」

卵をたくさん貰ったのでゆで卵を作ろうと鍋をかけていたのを忘れてました! 何という粗忽者。大事に至らなくて良かった。屋根から下りることなく雪下ろしを続けました。

それにしても不思議なのは、台所に近い茶の間にいた父母が気付かなかった (老齢のため?) 匂いを、屋根の上にいた僕が気付いたこと。

匂い自体はそれほど強いものでなかったし、僕がいた場所は台所から遠い屋根の中央部分だったからです。それに、わが家は庇が90cm-120cmと長いのに.....。

考えられるのは、台所の換気扇が吐き出した匂いが風に乗って僕の所に届いたのではないかということ。それに、僕の「鼻センサー」の感度の良さ (?) です。

3日越しの雪下ろしを終え、台所に行って確認したところ、鍋が焦げ付き「焼き卵」が出来ていました。しかしそれ以上の被害はなし。鍋の焦げ付きも落ちましたし、卵も「厚皮」を剥いて食べることができました。

大事にならなかったからこんな暢気なことを言ってられるのですよね。そそっかしい性格はなかなか直りません。もっと気をつけなくては!
2008.02.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tochionews.blog79.fc2.com/tb.php/272-3665dcaa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。