上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
タヌキ02「タヌキがいる!」
今日午後、父母の所にお茶に来ていた伯母が帰りに見つけ、大声をあげました。

雪の上でジッとこちらを見ていて、父が追いかけようとするとノロノロと動きます。良く見ると痩せこけており、毛の状態もみすぼらしい....。完全に栄養失調のよう。食べ物を探しに出て来たのでしょう。
タヌキ01いつも畑の作物を食い荒らされているので、父母にとってタヌキを目の敵。捕まえたら殺しかねない雰囲気です。

しかし、まだ幼いタヌキのようだし、何となく不憫。そんなことを思うのは甘いと言われるかもしれないのですが、「俺が追いかける」と父を制しました。

まだ1メートルほど残る雪。このところ気温が緩んだせいで、歩くとズボズボと足をとられて思うように動けません。
タヌキ03タヌキは弱った体でノロノロながら、体重が軽いため僕よりも距離を稼ぎます。

裏山の方に逃げるかと思ったら、台所側に行く.....。それならと、こっちは雪の少ない軒下から追いかける。しかし、2-3メートルに近づいた所で縁の下に入られてしまいました。

このタヌキ、写真でじっくり見ると悲しそうな表情に見えます。食べ物を見つけられなければ死んでしまうはずだけど、どうなるんだろう? 僕はどうするのが一番いいのだろう?
知恵があったら貸してください。
2008.03.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tochionews.blog79.fc2.com/tb.php/289-ec142732

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。