上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
PowerBook 170 全体どうせそんなことだろう、という声が聞こえて来そうです。紹介すると8日の記事で約束した「恋人」はやはり Mac。「美人」の誉れ高い PowerBook 170 の特別モデルです。

出会ったのは東京時代の1992年。一目惚れでした。国内はもちろん、アメリカ、イギリス、スイス、メキシコなど外国も一緒に旅をし、あちこちで「ビューティフル」と誉められ鼻高々だったことも思い出します。
美しいだけでなく、当時としてはかなりパワフルでサクサクといろんな仕事ができた優れもの。しかし、より進化したマシンが次々に出現し、いつしか押入に.....。

「まだ動くだろうか?」、思い立ってスイッチを入れてみると動くではありませんか。

液晶は劣化しているし、トラックボールの動きもスムーズじゃない。でもとにかく動くのです。懐かしくなって、子ども向けの楽しいお絵描きソフト『KidPics』を使ってみました。その映像を載せます。



PowerBook 170 上蓋 PowerBook 170 closeup

このモデルは「ベネトンカラー」と呼ばれてましたが、ベネトンとは無関係のよう。1992年度開催 JLPGA(女子プロゴルフ大会)に特別協賛した記念モデルとして限定500台販売されたもので、希少価値があるとのこと。ぼくのもののように酷使のはてに壊れかけているものはダメですが、状態の良いものは今も高値で取引されているようです。

その辺の事情および、同モデルの詳細を紹介しているブログがありました。

1992年11月に僕が買ったときには32万円ほどだったと思います。Macintosh Quadra 700 を買って間もなかったし、人気の限定モデルだから買えないと諦めていたのですが、いつも行っていた秋葉原のイケショップから「見つかりましたよ」との電話。思い切って買ったこと、懐かしく思い出します。
2009.01.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tochionews.blog79.fc2.com/tb.php/402-2d32f5f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。