つらら心配した雪は、きのう夕方すぎは数センチしか降らず、夜は星も出るほどの天気。今朝やらねばならなかったのは道踏みや除雪ではなく、砕氷でした。

夜半から冷えたため道が凍ってツルツル。生半可に流れていた水が1cmほどの厚さになっていて危険なので、鉄製のスコップを使って割る作業。30-40分くらいやったら汗だくだくです。

わが家の前の家は雪下ろしをやってますが、まだちょっと早い感じ。今日は日が射して来たし、大して降りそうな気配はありません。もう少し様子をみようと思います。
氷の張った道 割った氷

いかがり上は道に張っていた氷。割るのにかなり苦労しました。でも始めると何となく面白い。どれだけ大きな板状で「剥ぐ」ことができるか挑戦 (?) してみたり、割れる音を楽しんだり.....。ちょっぴり童心に帰りました。

右の写真は、きのう24日夕方の町内共同路入口。坂道の登り口にある流雪溝の網蓋がつまって、「いかがり」状態に...。一度自動車が通れば大事にならない程度だったので、「見て見ぬ振り」をしましたが、何となく落ち着かない気分でした。
2009.01.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tochionews.blog79.fc2.com/tb.php/409-81c9562a