上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ほだれ祭り御神体と初嫁きのう (8日) に行なわれた下来伝の「ほだれ祭」は今年も盛況。大勢の観客が集まりました。「駐車場」となった路上に100台ほどの車が延々と列をなし、「群馬」「富山」「練馬」「京都」など県外ナンバーもあってちょっとびっくり。観光バスで来た団体客もいました。

遠来の客と言えば、外国から ALT (外国語指導助手) として来ている人たちにも会いました。
路上駐車カナダから来て栃尾で教えている ALT および、彼女に誘われて来たアメリカ人 (村松勤務) とオーストリア人 (妙高勤務)。妙高の ALT を訪問中のドイツ人青年も興味深そうに祭りを見ていました。去年は長岡技術科学大学留学生などに会いましたし、「国際化」を実感します。

僕は用事やイベントなどが重なったため、ハイライトの初嫁神輿が始まる前に長岡へ。去年のような映像と画像は撮ることができず残念でしたが、久しぶりに外国の若者たちと話ができたのは嬉しかったです。

そして、帰路久しぶりに旧南中の木造校舎 (同校移転後に旧入東小学校校舎) を見て、何となく優しい気持になりました。「モノクロームの少女」で使われた旧塩川小学校もそうですが、木造校舎の素晴らしさを改めて感じます。多くの人々の想い出を詰め、美しい自然の中にたたずむ木造校舎。これもまた栃尾の宝物ですね。

ほだれ祭り観客
  神事を見守る観客

旧南中方面
  旧南中学校/入東小学校方面を臨む

旧南中校舎
  旧南中学校/入東小学校校舎クロースアップ
2009.03.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tochionews.blog79.fc2.com/tb.php/434-c92d9e38

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。