上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
セキレイの雛「信じられないような所にセキレイが巣を作った。それも2つ。雛を見れるので来ない?」

そんな誘いを受けて訪ねた先は菅畑にある JA育苗センター。外壁の窪みに巣があり、雛のさえずりが聞こえます。地面から高さ1.4メートルくらいの所。センターで働く人やその車が行き来し、「隠れ家」と言えない場所です。
セキレイの巣1セキレイ親鳥

ここにいたのはハクセキレイ (それともセグロセキレイ?) 。去年ごろから栃尾でよく見かけると感じるのですが、どうでしょう。それより以前は僕が気付かなかっただけなのか…。

セキレイの巣2左は育苗センター屋内に作られた巣。こちらも人が行き交う通路脇で、高さも1.4メートルほどの見やすい場所です。

我々が近づくと親鳥は逃げるから、人間を恐れていないわけではなさそう。それなら何故こんな所に巣を....? 他の「候補地」よりも相対的に安全とでも判断したのでしょうか。

この屋内巣 (冒頭の写真は餌をねだっている雛) キセキレイ。栃尾では初めて見た気がします。センターの周辺で10羽ほどが元気が飛び交っていました。

ところで、セキレイは栃尾弁で「ショクナギ」(ショキナギ?) と呼ぶと聞きました。でも Google や Yahoo! で検索しても何もヒットしません。ごくごく「局地的」方言なのでしょうか.....。

2009.06.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tochionews.blog79.fc2.com/tb.php/470-51b5e5ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。