上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
蚊帳の中で大はしゃぎ1いつもは大人ばかりで静かなわが家。今年の盆は、1歳の孫を連れた弟一家や、小1と小3の女の子連れの従妹一家が来て、賑やかでした。

小学生姉妹がいちばん興奮した (?) ものの1つが蚊帳。蚊なんかいないけれど吊ると大はしゃぎで、暴れる暴れる。5年ほど前に来た東京の友人一家の時もそうでしたが、子供たちを喜ばせるに蚊帳は有効なようです。
六地蔵従妹 (15歳ほど年下) と会ったのはたぶん20年ぶりくらい。九州に住んでいたりしたこともあり、その連れ合いや子供たちとは初対面。

2泊3日の短い滞在でしたが、墓参りをしたり、城山 (栃尾城址)杜々の森菅畑のお祭りに行ったり。そして道院で流れ星も観察.....。子供たちは栃尾を「わたしの田舎」と感じてくれたのではないかと思います。

美しい墓caption付き考えてみると、僕がUターンしたのは老いた両親が心配ということもあるけれども、妹や弟やその子供・孫たち、そして従弟/従妹たちとその子供・孫たちの「田舎」を無くしたくない、という気持が大きかった。今もその気持は変わりません。

ところで菅畑の「田舎の親類村ふるさと祭り」は今年も賑わってましたね。村のために頑張っている仲間、この祭りのために帰っている仲間にも大勢会いました。名物の花火「ナイアガラの滝」も2年前より大きくなったような気がしました。

田舎の親類村ふるさと祭り」。花火と神楽の映像をどうぞ。






蚊帳の中で気をつけ 蚊帳の中で暴れる 城山の鐘

蚊帳ラベル 蚊帳ラベルと房
麻製の蚊帳。僕が子供のころ使っていたのと同じ物らしい。ラベルや房を見ると明らかにかなり昔を感じる。(写真はクリックで拡大します)

2009.08.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tochionews.blog79.fc2.com/tb.php/489-4b354e6b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。