上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
プラチナ サライ表紙「人生を変えた音楽」とか「iPod & Walkman 親切取説」など、記事に興味があったのも確か。でも『プラチナ サライ』3月号を買った大きな理由は、付録に惹かれたからでした。980円の雑誌についてくるものだから大したことないはずと思いながらも「誘惑」に負けて。

しかし包装を開けてみたら期待以上。デザインもなかなかだし書き味も悪くありません。不満は、書くときにとったキャップを軸の「尻」側にはまらないことでしょうか。ミニだけに軸が短くて書きにくいのです。

でも万年筆好きの人なら試してみる価値あるでしょう。
ところでこの『プラチナ サライ』を購入したのはこれが初めてでした。それどころか存在すら知らなかったのです。(『サライ』はたまに買っています。)

そして驚いたのは、この3月号をもって休刊になるとのこと。創刊号など「めでたい」時や販促のためとばかり思っていた付録を「最終号」に付ける小学館は太っ腹?
2010.01.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tochionews.blog79.fc2.com/tb.php/554-724df746

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。