上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
07.03.26棚田と滝25日朝発生した能登半島地震では大きな被害が出ていますね。余震も続いており、被災者の方はさぞ不安なことだと思います。

あの中越地震の経験があるだけに人ごとではない。テレビ等で伝えられる被災者は、心的なショックが大きいように見えます。
中越地震のとき僕はたまたま震源地に近い十日町におり、訪問先の家の中がメチャメチャになる事態に遭遇。同地を訪ねていたスイス人の友人、そのホストファミリーの老夫妻と4人、空き地に停めた僕の軽自動車で不安な夜を過ごしたこと、帰路が小千谷で断たれたため、津南→長野・野沢温泉→飯山→新潟・新井→柏崎→与板→桑探峠を通って、約10時間かかって栃尾に帰り着いたこと、などを思い出します。

その2日ほど後から耳鳴りと空咳が止まらない……。複数の病院で検査してもらっても「異常は見られない。心因性のものではないか」との診断でした。咳の方は1年弱で止まりましたが、耳鳴りは今も続いています。(なお、スイスで大きな地震など経験したことのなかった友人は、数日間震えが止まらない感じで、数週間体調が戻らなかったと言ってました。)

直接的には大した被害に見舞われたわけではない僕がこんなふうになるとは不思議です。僕とは比べ物にならないほどの被害のあった人たちのショックは計り知れません。

今回の地震。被害がこれ以上広がらないこと、必要な救援が届くことを祈ります。

冒頭の写真 (クリックすると拡大) および下の写真は記事と無関係。
榎トンネル近くで撮った栃尾の棚田のもの (3月26日午後4時ごろ)。


07.03.26棚田

07.03.26棚田

20070327005220.jpg

2007.03.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tochionews.blog79.fc2.com/tb.php/90-f5a6b3ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。